favorites of rw7u9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

favorites of rw7u9xall replies to rw7u9xfavorites of rw7u9x

まずい

返信

一日ひとつくらい、と思ってたのが

いきなり失敗寸前だった。

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

Scene:2002年7月19日京都 次男宅/「カラマーゾフの兄弟」現代パロディ

返信

※習作というより設定。未推敲悪文注意。


 兄貴というやつは、もしかしたら、親父以上のきちがいかもしれない。この炎天下、東京から京都までバイクでぶっ飛ばして来ることがすでに正気の沙汰ではない。のみならず、アパートのドアに首をあずけて、いびきをかいて寝転がっていたのには度肝を抜かれた。俺が帰ってこなかったらどうするつもりだったのだろう。無計画にもほどがある。連休前の京都のホテルに空きなんてありませんよと言うと、兄貴はへえと呑気に言って目を丸くした。

「今夜はここに泊まってくださって構いませんが」できるだけ慇懃な調子で言う。「明日は困りますよ。東京に行く予定なんです」

「東京だって!」兄貴はカップラーメンをすするのをやめて躍り上がった。「田園調布に帰るのか?」

「実家に? まさか。T大の社会学の教授まで、書類一枚届けるだけですよ。うちのK大の恩師から使いを頼まれましてね。宿は安いビジネスホテルを取ったし、滞在は一泊だけです」

「なるほど、いや、しかし、こいつは神様仏様のオボシメシだ!」兄貴は高く手を打った。「少しくらい、時間は取れるだろ? なあ、俺の頼みも聞いてくれよ。いいだろ?」

 兄貴の声はやたらと響く。安普請のアパートだ。俺はひとまずやつを畳に座らせた。

「言っておきますが、親父に会うのはお断りですよ」

「だれが弟にそんな真似させるもんか。あのクソ親父! あいつさえいなきゃ、おまえにこんな頼みをすることもねえだろうに。なあ、このとおり、頼む。俺の婚約者に会ってくれ」

「婚約者? ご結婚されるのですか?」

「よせ! 俺は結婚なんかする気はない! 親父が勝手に持ってきた見合い話なんだよ! 相手は京都の有名老舗旅館の箱入り娘だ。O女子大学の四年生で、麻布のマンションに住んでる」

「もう見合いしたんですか?」

「何度か会った。あのお嬢さんに罪がないことは分かってるが、あまりに俺とはタイプが違いすぎる! 良家の令嬢なんて俺の肌に合わん。いや、親父の真意はわかってるさ。京都の観光ビジネスのかなめである娘と、俺を政略結婚させて、ついでに俺を会社の二代目に仕立てようという魂胆だ。だが、社長も結婚も俺はごめんだ! なあ、あのお嬢さんと会って、俺の悪口でも吹き込んで、婚約破棄にうまーく誘導してくれ。この通りだ、な?」

 泰然とうなずきながら、俺はひそかに、親父もたまには良策を練るものだと考えた。この兄貴というやつは気ままな根無し草だ。一九七四年生。就職こそ四歳下の俺の世代と比すれば若干マシだったとはいえ、バブル世代ほどに浮かれた性根を持ち合わせているわけではないだろうに、中学時代には呑気なヤンキー不良軍団の一味になり、親父が金を積んで何とか入らせた私立高校は二ヶ月で退学、その後はフリーター職をお気楽に渡り歩きながら、はや今年で二十八歳だ。限りなく底辺に近い暮らしのくせに、ちっとも悲壮感がなく、いざ本気で困ったらどこからか自然と金がわいてくると半ば本気で信じている。親父もとうとう社の命運をかけて、このろくでなしの長男を更正させようという気になったものとみえる。結構なことだ。

「いいですよ」俺は答えた。むろん、こいつの願いを果たすつもりなんか毛頭ない。さっさと嫁をもらって落ち着いてもらう魂胆だ。俺は兄貴を褒め上げてやるための極上のシナリオを練り始めた。

「ありがとよ! おまえ、いいやつだな!」兄貴はたくましい腕を振りあげて馬鹿まるだしのガッツポーズをした。「まったく、俺にだって他に好きな女はいるってのに、結婚を強制するなんざあの親父、つくづく人間じゃねえ」

「好きな女?」

「いい女なんだ」うっとりとした目をしてくれる。「歌舞伎町のNo.1キャバ嬢なんだぜ。源氏名は……」

 最悪だ。貯金もせずに、バイクを好き放題に乗り回して、キャバクラに通い詰めているのかこいつは。自分の食い残したラーメンを流しのゴミ箱にあけて、俺はためいきをついた。

 母親が違うとはいえ、かたや弟の俺はどうだろう。修士課程は大学から学費全額免除がおりたからいいものの、学部の四年分については、半年前、何とか奨学金を返還し終えたばかりだ。そのたかだか数百万の工面さえも、十八歳のときのあの転機がなかったら、とてもままならなかっただろう。あのとき、最若手の批評家として論壇で脚光を浴びることがなければ、ありきたりの学習塾の講師か何かで細々と生計を立てるしかなかったところだ。それでも、京都の物価は高いし、執筆という仕事は何かと物入りだ。珍しい苗字のせいか、俺があの親父の会社の御曹司だということは一部の論壇オタクどもの噂になっていたし、俺をたいそう羽振りのよいお坊ちゃんと勘違いする者もいたが、とんだお門違いだ。俺は今でもこんな壁の薄いアパートに住んでいるし、苦しい生活の中で貯めた東南アジア放浪のための旅費だけが心の命綱なのだ。

「なあ、もうひとつ頼みがあるんだ」

「まだあるんですか?」

「俺たちの弟のことだよ」

「…………」

「おまえのことを気にしているぞ。あの子にも会ってやれよ。な?」


続きを読む

投稿者 4pchqe | 返信 (0)

日付すら出ない!?

返信

と思ったら出るのね。

当面、これ以上、機能は増えないでほしいなあ。

しかしこの投稿の簡便さは異常。


メルビッシュ湖上音楽祭の「メリー・ウィドウ」と、海外ドラマの「Lの世界」を観ています。

Lの世界がリアルだと言う人は実際どんな濃密でキュートでスタイリッシュでセクシーな世界に生きちゃってるのよっていうかこんな世界ほんとに存在するんですかガクブル 「八頭身のキャリア美女たちが広くて狭い相関図の中で愛を交わしたり知的な隠喩を使ったりする隙のないヒューマンドラマ」は私にとっては限りなくファンタジーだなあ(比べる対象じゃないのは百も承知ながら、もしマリみてがリアルであるとすれば、その程度には間違いなくリアルだとは思います)。

もちろん、話の筋は面白いです。15禁だけどだいぶエロスエロス。なんというかまあ、いろいろとアクロバティックです。「男は上で、女は雑誌だろ?」とかそういうレベルではなく、軽く肉弾バトルです。スゲエ。

投稿者 4pchqe | 返信 (0)

( ´∀`)

返信

このブログは、「無個性」がウリの新ブログサービス「sa.yona.la」からスペースを拝借しております。http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/22/news069.html


私が感じるネットへの魅力はどうも「匿名性」あたりでストップしてしまっているようで、個人情報をどれくらい開示するかによって発言力が規定されるここ数年のSNS路線のサービスにはちょっと違和感を感じていたりもします。というわけなので、やや懐古趣味的要素のあるこの表札のないブログが気に入りとりあえず住まう運びとなりました。

旧家は当分残します。また、表札のあるブログが必要になった場合は、引越しする可能性もあります。

Googleさんやyahooさんがどれくらいの頻度でご訪問されるかということがいちばん心配ではあるのですが、中途半端な伏字をつかいつつ、ごまかしごまかしの隠遁ライフを送る予定です。血餌流弐威とか弁当鞭とか言ってみるのがいいんじゃないかと思います。

そんなわけでこれからも四露死苦です!


※追記

もしリンクしてくださる方、サイト名が存在しないブログで恐縮なのですが、下記のようにしておいていただけますと幸いです。4649です。


サイト名:4pchqe

アドレス:http://4pchqe.sa.yona.la/

管理人:pseud もしくは 4pchqe

投稿者 4pchqe | 返信 (0)

Re: いやなヨガのポーズ

いやなヨガのポーズ

返信

電車に乗り損ねたポーズ

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

Re: いやなヨガのポーズ

いやなヨガのポーズ

返信

プロポーズ


誰かが書(ry

投稿者 zq6jrn | 返信 (1)

Re: 単なる返信だろ

そうかなー

返信

返信はコメント程度のものじゃない?ここでは1記事扱いになるけど。

外部からトラバどんどん飛んでくるようになると結構ノイジーだと思うのよねぇ。

投稿者 zq6jrn | 返信 (1)

トラックバック

返信

なんて最高のしがらみだと思わないか。

投稿者 zq6jrn | 返信 (1)

違うんだ

返信

> 思い思いのご利用方法で sa.yona.la をご満喫ください。


息抜きするにはいいけど、満喫するとこじゃないと思うんだ。

入り浸るとこじゃなくて、一息ついてまた動き始める。

「しがらみを忘れて、ほんの一時」にはそういう意味があると思うんだ。

投稿者 zq6jrn | 返信 (1)

うなぎ

返信

帰りに寄ったスーパーにうなぎコーナーがあったけど、

売れ残ってたのはほとんど中国産だった。

あれだけ問題になれば、見えてるものくらい避けるよねやっぱり。

外食の食材なんて・・・という話はまぁ置いといて。


でも国内産も「一定期間国内飼育された」みたいな基準があった気がして

生まれは中国、育ちは日本、ボク国産!

みたいなのはもう分かんないよなぁー


なんて思いながら今から食べるとこです。国内産。

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

Re: 揺れたぁ〜

おつかれさま

返信

うわぁーやっぱり物は結構飛び散ったりしてたのね・・・

大きい物が落ちたり倒れたり、何かがぶつかったりしなくて良かった。

投稿者 zq6jrn | 返信 (1)

24日00時26分 岩手 M6.8

返信

そうだ、地震のこと書こうと思ってたんだった。


家屋倒壊、重傷者多数、とか流れて来て顔引きつったよ。

昔テレビで見たあの映像を思い出して、もう胃が浮き上がってきそうだった。

誤報で良かったけど、被害はそれ以外にも出てるし、余震も怖いな。

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

しまった

返信

軽い興味からアカウント追加をしてみたら

マイページを開くたびにアカウント選択画面が出る・・・orz

これは気軽さが削がれるー助けてー


と思ったらアカウント削除機能は近日実装ですか。

まったり待ちますか。

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

Re: 矢野顕子・・・か

ねぎもにんにくも山盛りいれてね

返信

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

ラーメンが食べたい

返信

ラーメン。


ほら君も。

投稿者 zq6jrn | 返信 (1)

用途不明

返信

ほとんどこのサービスに関することしか書いてない。

いつも何かに登録してみると、しばらくはこんな感じ。

いきなりガシッと自分の用途を見つけて書いてる人を見ると凄いなーと思う。

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

言葉が加速していく

返信

今日から急に新着が凄い量になっててもう追い切れないや。

と思ったけど、普通はブログサービスの新着を逐一チェックしたりしないね。

現状、ここは書くか新着を見るしかないからそうしてるだけで。


時系列以外の記事の読み方はやっぱり追加されて欲しいな。

アクセス数みたいな実体のある切り口だとげんなりしちゃうけど。

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

改めて見ると

返信

日記にも使えるし、会話しようと思えば出来るし、

匿名ダイアリーとか、twitterのようで、tumblrっぽくもあり、

どれとも少し、だいぶ違う。

ブログとも呼べないし、SNS的な機能も無い。

なんだろう、ほんとよくわかんないねこれ。


新着を眺めてみんなが使い方を模索してるのが楽しい。

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

火曜日があらわれてた

返信

嘘だ、三連休がもう終わったなんて嘘だ・・・!

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

Re: 昨日の食事。

美味しいけどね

返信

源氏パイ食べ過ぎ吹いたw

投稿者 zq6jrn | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.